長い長い就職活動が終わった。

 ブログを書こうとしていたことなど忘却の彼方にあって、久しぶりにのぞいてみたら、自分程度でも受かりそうな企業が見つからない、いうほど銀行が抑えだと思えない、などと身の丈に合った予測を立てていたので感心してしまった。

 

 就職活動というものは、情熱を持って物事にあたるタイプでない人間には厳しいイベントだった。終盤では、コンサルの面接官に詰められてめちゃくちゃにダサくなってしまったりもしたけど、とにもかくにも終わってほっとした。

 自分には3割くらいは体育会系な気質もあって、たぶんうまくやっていけるんじゃないかなと思っているけれども、来年からは金融機関で働くことになる。

 

 ある曲と、それを聴いていた時節とが結びついて、エモーショナルな感情が伴うことがあって、僕にとっては中学生時代のEarth, Wind & Fireだったり、高校生時代のUNISON SQUARE GARDENだったりするけれど、Bruno Marsもまた、就職活動時代の記憶と結びついて僕の脳裏に定着していくこととなった。来年のツアーが楽しみです。

 


Earth, Wind and Fire - "That's The Way of The World"

 

 当然コンプライアンスというものを考えなければいけないのだけれども、Facebookに紐づいてもいいやくらいの気持ちで記録していこうかなぁ。